1.  > 
  2.  > 
  3. エミリオ・プッチ

EMILIO PUCCI

エミリオ・プッチ

ブランドのはじまり

1947年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だったエミリオ・プッチが、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載したこと。

エミリオ・プッチについて

エミリオ・プッチ(Emilio Pucci:1914-1992)はミラノ大学へ通った後アメリカ・ジョージア州アセンズの大学で学ぶ。1937年、オレゴン州ポートランドのリード・カレッジに在籍、社会学を専攻。39年、イタリア帰国後フィレンツェの大学で学び、41年、政治学で博士号を取得。大戦中にイタリア空軍でパイロットを務め、その後、政治家としてイタリア議会に10年間在籍。

47年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だった彼は、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載し、人気を博す。以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出される。その後も1960年代にはマリリン・モンロー、エリザベス・テーラーによって上品なプリントが受け入れられ、「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持つ。衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等々まで手がける。

90年、CFDA(The Council of Fashion Designers of America)より表彰される。92年、エミリオが亡くなった後、娘のラウドミア・プッチ(Laudomia Pucci)がデザインを手がける。

97年、ミラノの会社に経営権を譲渡。2000年、LVMHグループの傘下に入る。2001-2001A/Wより、ジュリオ・エスパーダがアーティスティック・ディレクターを務める。2003S/Sより2005年まで、クリスチャン ラクロワがアーティスティック・ディレクターを務める。

2005年、カラフルなグラフィックプリントに定評のあるマシュー ウィリアムソンがクリエイティブ・ディレクターに就任。2006A/Wからウィリアムソンがコレクションのデザインを担当した。

2008年、ウィリアムソンは、3年契約の終了とともにプッチのデザインを終了。新アーティスティック・ディレクターには、エマニュエル ウンガロなどでデザイナーを務めたピーター デュンダスが就任した。

2015年4月にクリエイティブ・ディレクターにマッシモ・ジョルジェッティ(Massimo Giorgetti)が就任。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.emiliopucci.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エミリオ プッチ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介