ホーム > ファッションブランド > ロベルタ ディ カメリーノ

Roberta di Camerino

ロベルタ ディ カメリーノ

ブランドのはじまり

ジュリアーナ・カメリーノが「ロベルタ ディ カメリーノ」を1946年、イタリアのヴェニスにて創業した。

ロベルタ ディ カメリーノについて

ロベルタ ディ カメリーノ(Roberta di Camerino)はイタリアのアクセサリーブランド。主にバッグ、財布などアクセサリー関連をメインに扱う。赤、緑、紺がシンボルカラーで、この色を組み合わせるものなど、カラフルなベルベットがブランドの特徴。グレースケリーなどが身に着けたバッグ「バゴンギ(BAGONGHI)」が最も有名。ブランドの顔ともいえる「R」のマークはベルトがモチーフ。

創業者はジュリアーナ・カメリーノ。第二次大戦中、家族でスイスに逃避。その最中に、自身の作成したバッグを売り、好評だったのがきっかけでバッグのデザインを始める。

戦後、イタリアに戻り、ヴェニスに工房を構え、1946年、イタリアのヴェニスにブランドを創業。48年、ロベルタ ディ カメリーノ「バゴンギ」を発表。エルメスのケリーバッグのようにグレイス・ケリーから愛用され大ヒットとなる。

ロベルタ ディ カメリーノ(Roberta di Camerino)のブランド名は、自身の名前の「カメリーノ」と、ミュージカル映画で有名な俳優、フレッド・アステアの「ロバータ」をイタリア読みにした「ロベルト」を組み合わせたもで、青春時代の思い出にちなんで名づけられた。

ロベルタ ディ カメリーノのバッグには、太陽を表わすメリディアーナ(日時計)をデザイン化したマークが使用されていることがあるが、これはジュリアーナ・カメリーノがイメージする幸福の象徴としてデザインされている。バッグの価格帯は、リーズナブルだと3~4万、高級なものでは30万~50万程度。

ジュリアーナ・カメリーノは、1956年、ニーマン・マーカス賞を受賞。その後、1969年、イタリア政府から功績を認められ、叙勲される。 「創造は、人生と世の中の新しいこと、美しいものすべてに対する私の愛の表現」と語っている。

2000年に、銀座にショップをオープン。バッグの他に財布、スカーフ、傘、ネクタイなどさまざまなラインナップを取り揃えている。

2008年、ミスシックスティのグループがロベルタ ディ カメリーノを買収。クリエイティブ・ディレクターにプラダクリスチャン ディオールなどで活躍したジョルジャ・スカルパ(Giorgia Scarpa)が就任。2009年、ミスシックスティのヴィッキー・ハッサンがクリエイティブ・ディレクターに就任。2010年、ジュリアーナ・カメリーノが死去。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://www.robertadicamerino.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ロベルタ ディ カメリーノ取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介