CÉLINE

セリーヌ

ブランドのはじまり

1945年、セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が皮革の子供靴専門店を創業。

セリーヌについて

1945年、女性実業家セリーヌ・ヴィピアナ(Celine Vipiana)が夫、リチャードとともに開いた皮革の子供靴専門店がその発祥。セリーヌの子供靴はパリの革職人の技術を生かしたもので、上流階級を中心に支持を集めた。顧客の増加とともにアイテムも増加してゆき、59年にレディースの靴、65年に香水とスカーフ66年にハンドバックを始める。

ハンドバックをはじめた60年代後半に馬車の柄とバックルのバック「サルキー」や馬具金具をモチーフにしたモカシンが大ヒット。人気ブランドにまで上り詰めた。

67年からプレタポルテ・コレクションを開始。ベーシックなデザインと上品な雰囲気でトータルファッションを提唱し、パリのBCBGの代名詞に。 オートクチュールとは違ったカジュアルな雰囲気が受け、上流階級の普段着として定着した。
※BCBG…良い趣味、良い階級の意味。上流階級の服装でフレンチカジュアルの一種。

しかし徐々にBCBGは廃れ、高齢そうのブランドとして定着し、ブランドとしての勢いを失ってゆく。87年、ベルナールアルノー率いるフィナンシエール・アガッシュ社(現LVMHグループ)に買収され、傘下に入る。その後、経営、組織等の改革に入り、セリーヌは徐々に力を取り戻してゆく。

1998-1999 A/Wより、当時ニューヨークで活躍していたマイケル・コースをチーフデザイナーに招き、新たな展開を向える。機能性と実用主義のスポーティーなスタイルを持ち込み、シティ派キャリアウーマンに人気を博す。ブランドの再生に繋がった。

2005S/Sからバーバリーの「プローサム」ラインのデザイナーを務めた経験のあるロベルト・メニケッティがアーティスティック・ディレクターを務める。 2006S/Sからは、クロアチア出身のイヴァナ・オマジックがアートディレクターを務めている。

2008年、クロエで活躍したフィビー フィロがクリエイティブディレクターに就任。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.celine.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

セリーヌ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介